新しい価値を創造し続ける街 お問い合わせ サイトマップ  

 

 


地域向けトップ 39PJの情報 各町会の情報 団体活動情報 利用施設の案内 生活情報
 
 
 

 ホットニュース

内閣総理大臣賞受賞1周年記念青葉台フェスタ開催

 フェスタ前に続いた雨天のため、午後の部の会場である青葉台中央公園のイベントが中止になり、大道芸、ビンゴ大会など限られたイベントのみ自治会館で実施しました。

開催日10月8日(土)10:00〜16:00

第1部(10:00〜12:00) 自治会館集会室
 

【開催挨拶】
古寺会長より、「受賞の名に恥じないよう中身の充実を目指して地域一体となり取り組んでまいります」との挨拶があり、続いて 市原市長ご挨拶の代読を山形市民生活部長を通じて、また地元の伊佐市会議員、加瀬姉崎高等学校校長より地域活動の評価と期待の言葉をいただきました。
(写真左上、古寺会長、時計回りで山形部長、加瀬校長、伊佐議員)

 

【39PJの歩み紹介】古寺委員長の熱血説明が好評でした。
この後今年度の新しい取り組み3チームのうち2チームの説明がありました。
【ゾーン30プラス】(森垣リーダー) 7月に青葉台全域にヒヤリハットアンケートを実施、600件の回答を得た。この結果、メイン道路ばかりでなく住宅街の中にも危険個所があることが分かった。新たに、一時停止が必要な箇所に標識が無い問題などが浮かび上がってきた。
【地域交通対策】(田中39PJ事務局長) この7月からデマンドタクシーについて検討しているが行き先のエリアを決めて、事前に電話予約する方式。利用者の認定が難しい。まだ、決定段階にないが、継続して現状の問題を解決し将来の問題に対応できるようにしていきたい。

*なお、各チームの活動を記した壁新聞を周囲に取り付けましたが、来場者の方に好評でした。

 

【青葉台音頭の踊りの披露】
昨年募集し採用曲となった青葉台音頭の踊りが初公開となりました。 村上先生による曲の1番〜3番を通した踊りのお手本と1番を盆踊り風にアレンジした踊りが有志の皆さんにより披露されました。(午前の部入場者約60名)


青葉台音頭の踊りが視聴できます

【村上先生による1〜3番を通した踊り】歌詞はこちらにあります

 
青葉台音頭の踊りが視聴できます

【村上先生と田中さんによる1番の踊り】〜来年の盆踊りまでに覚えましょう!


第2部(13:30〜16:00)自治会館集会室
 

【大道芸パフォーマンス】
千葉の敬愛学園高校大道芸同好会の1,2年生男女5名による皿回し、シガー、ディア、ダイス、ボールジャグリングなど拍手喝采でした。

 

【キッズ&ビッグビンゴ大会】
キッズビンゴゲームは子供たちが大集合でした。
続いてビッグビンゴ大会も中学生以上の人たちでリーチ、ビンゴの声が飛び交い大変な盛り上がりでした。
ビンゴカードの販売、ゲームに入って引いた番号掲示、カードの当たりのチェックや商品渡しには姉崎東中の生徒の皆さん14名がボランティア参加しスタッフ大助かりでした。(午後の部入場者100名超)

 

【北海道物産展】
・胆振東部地震復興支援のため行われた北海道物産展は12時からノアール横の旧ネーブル前で12時から3丁目の皆さんが売り子を担当、こちらも大盛況でした。


地域の新しい変化!
 

【2022/10/15更新】 1丁目15番地2に出光興産が手掛けるコミュニティ菜園が7月23日オープンしました。apollo cultivateparkと刻まれた門をくぐると、柵で囲まれたKronosfarmと呼ばれる菜園があります。ここで、責任者の新井さん(同社デジタル・ICT推進部)に出迎えていただきました。取材当日は、会員の皆さんによる初めての土入れ、野菜種蒔きが行われていました。通常の畑に相当するものとして、木製プランターが大小9基設置されていて1基のプランターで1種類の野菜を栽培します。みんなで協力して作りシェアするスタイルです。ニンジンの種蒔きが行われていましたが、小さな子供さんも一緒になって和やかな風景です。コミュニティスペースも常設されていて交流し易い場所づくりもされています。これからの、水やりや追肥などの手入れは、プランターに取り付けられたIoTセンサーの情報をもとにgrowと呼ばれる育成ナビの案内を楽しみながら準備ができるようになっています。また、出光興産の千葉事業所食堂で生じる生ごみの一部を、3段階の発酵を経て当菜園の堆肥としてこれから活用する予定とのことで、SDGsにも配慮されています。現在、会員は16組ですが、20組程度にはしたいと新井さん。 公式HP も公開され応募もできます。 秋空の下、野菜作りのシーズンになってきました。是非、apollo cultivateparkを覗いてみてください。


 

 災害や犯罪に強い街づくり

ゾーン30プラス!

【ヒヤリハットマップについて】

 

【2022/10/25】 ヒヤリハットアンケートにご協力頂き、ありがとうございました。皆様から約600件の体験報告を頂き、それを基にヒヤリハットマップを作成することができました。 『青葉台ヒヤリハットマップ』は既にお手元に届いていると思います。 マップには、皆さまが体験した場所を1件毎に、更に内容によって色分けしてマークしています。 マークが集中している箇所が【体験の多い場所】=【危険な場所】です。表面右側と裏面に特に危険な場所について説明していますので、併せて確認をしてください。 さて、プロジェクトではアンケート結果や作成したヒヤリハットマップを基に市原警察署・市役所の合同打ち合せで説明を行い、対策をお願いしました。青葉台を少しでも事故や危険の無い街にするために、今後も引き続き各行政機関と協議を行い、対策を考えて参ります。

 

 美しい街づくり

”ohanaいっぱい活動”「低温発芽させたパンジー苗のポット植え替え」
 

【2022/10/25】9月21日堺指導員宅に各町会から約10名の育苗協力者が参集しました。今年は、市の苗の供給時期と合わせた一斉植え付けができるように夏の時期にクーラーボックスを利用してパンジーの低温発芽に挑戦しました。その苗を持ち寄り、9cmポットへの植え替えを行いました。堺指導員から何点かの注意事項を教わり、また直接の指導を受けながら約240本の苗の植替えを約2時間かけて終了しました。ピンセットで苗をつまんで植える、とても手先の細やかさを要求される作業でしたが、時々ミスを指摘される緊張感の中にも和気あいあいとした雰囲気が感じられて、大変充実した楽しい達成感のある時間を過ごすことができました。この苗は育苗者が各自持ち帰り自宅で約一ヶ月間以上、水遣り、施肥等大切に育てられて、10月30日の花壇への植付に使用されます。 尚、一丁目に開設されたapollo cultivateparkに苗作りの場所を借用できることが決まりました。これで陽当たり問題も解決された苗床が実現します。


過去のホットニュース


個人情報保護方針 よくある質問 アクセス 本サイトについて
Copyright © 2021 青葉台町会協議会 All rights reserved.